FC2ブログ
プロフィール

冨士ベークライト(株)

冨士ベークライト(株)

最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

矢掛町出身の大相撲力士 - 岡ノ山 喜郎(おかのやま よしろう 1935~)

カテゴリー:地域のイベント

2016-10-14


CIMG6755_convert_20161014141533.jpg
岡ノ山喜郎関は、矢掛町出身で大相撲「時津風部屋」に所属した力士です。
本名は、山辺 喜一郎(やまべきいちろう)で1935年に鮮魚商の家庭に生まれ、岡山県立矢掛高校に在学中は、ハンドボールで活躍しました。

高校卒業後、元横綱「双葉山」が率いる時津風部屋に入門し、1955年5月場所で初土俵。同場所では番付外と新序で、ともに好成績を残したことから、翌9月場所では序の口を飛び越して序二段に付け出されました。

初土俵から6年の1961年5月場所では幕下で全勝優勝し、翌7月場所で新十両に昇進したのち、1962年3月場所で新入幕を果たしました。

180cnを超える長身を活かした前にでる相撲が得意で、学生相撲から入門した内田(後の大関・豊山勝男)の稽古相手としてよく指名されたそうです。 しかし、前頭5枚目に進んだ翌5月場所の出羽錦との一戦で負傷して途中休場を余儀なくされ、これが一因で十両に転落しました。

その後は、1962年11月場所にて14勝1敗と大勝し、十両優勝を遂げるなど活躍しました。
同門の横綱・柏戸の土俵入りで、露払いを務めていた時期もありますが、現役晩年には幕下に陥落し、東幕下26枚目に在位した1965年1月場所を以って、29歳で角界を引退しました。

cb87b0cc437457594c309cd0008517f8_convert_20161014140157.jpg


■生涯戦歴      269勝229敗22休/496出(54場所)
  ・幕内戦歴     23勝43敗9休/65出(5場所)
    前頭戦歴    23勝43敗9休/65出(5場所)
  ・十両戦暦     88勝75敗2休/162出(12場所) 1優勝
  ・幕下戦歴     91勝63敗11休/154出(22場所) 1優勝
  ・三段目戦歴    50勝38敗/88出(11場所)
  ・序二段戦歴    14勝10敗/24出(3場所)
  ・新序戦歴     3勝0敗/3出(1場所)