FC2ブログ
プロフィール

冨士ベークライト(株)

冨士ベークライト(株)

最新記事
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

わたしたちの風土記

カテゴリー:未分類

2021-09-17

冨士ベークライトの話題と、私たちを生み育んでいただいた地域風土の情報をお届けします。 

美味しい日記#18 「t2 lab.」

カテゴリー:地域のグルメと情報

2021-09-17

今回は、2016年5月15日に小田郡矢掛町にOPENしたカフェ「t2 lab.」をご紹介します。

t2lab.店舗外観




















店内はモダンでお洒落な雰囲気で、落ち着きのある素敵な空間になっています。
若者に人気があり、取材時も10代~20代くらいのお客さんが続々と来店していました。

t2lab.店内2t2lab.店内1












オーナーいわく、初めは自身を含め従業員もみんな料理未経験者でしたが、それが逆に功を奏したようで、固定概念に捉われないメニュー作りが出来たとのことです。
それでは、私たちが頂いたメニューをご紹介します。


◆ チキン南蛮ーワンt2lab. 食事1
(ライスとサラダ付き) 1,100円(税込)

t2 lab. の人気No.1メニューのチキン南蛮。
さっくりジューシーに揚げられたチキンに
特製タルタルソースがたっぷりかけてあり、
絶品かつボリューム満点のメニューでした。





◆ 手ごね煮込みチーズハンバーグt2lab. 食事2
(ライスとサラダ付き) 1,100円(税込)

200gの大きな自家製ハンバーグ。
ジューシーで分厚いハンバーグにたっぷり
のチーズが絡み合い、思わず「美味い」と
呟いてしまう大満足のメニューでした。





◆ だんご行列(元祖) 1,400円(税込)t2lab.食事3

矢掛町で毎年行われるイベントである
「矢掛の宿場まつり大名行列」を模して
作られた串団子です。9種類の味を味わう
ことができ、写真映えもする色鮮やかな
一品です。一つ一つの団子が大きいので、
ランチと一緒に注文する場合は、複数人
で注文するか、単品注文がおすすめです。



◆ 小さなティラ枡(抹茶) 380円(税込)t2lab. 食事4

名前の通り「枡(ます)」に入ったティラ
ミス。味はココアと抹茶の2種類があり、
今回は抹茶をいただきました。抹茶の苦味
とマスカルポーネチーズの甘さがマッチ
して、ほっぺが落ちそうな美味しさでした。





オーナーに詳しくお話を伺ったところ、この店は元々コーヒーがメインのお店として始めたそうで、その名残が現在も店舗入口にあります。
この模様をよく見ると「珈琲」という漢字が見えてきますね。一度スルーしてしまった方も、次に立ち寄った際は注目してみてください。

t2lab.店舗入口



















-------------------------------------t2lab.地図
t2 lab.
住所 : 岡山県小田郡矢掛町矢掛2584
営業時間 : 11時~16時
定休日 : なし
駐車場 : なし(※)
※ 矢掛道の駅(駐車場代無料)に
 駐車するのをオススメします
-------------------------------------

道の駅 山陽道やかげ宿

カテゴリー:地域のグルメと情報

2021-09-10

 2021年3月28日、矢掛町中心部の国道486号線沿いに、「道の駅 山陽道やかげ宿」が
オープンしました。

矢掛 道の駅 外観























「山陽道やかげ宿」は、物産品や飲食物の売店をあえて設けない、全国でもめずらしい道の駅です。
これは、隣接する矢掛商店街へ観光客を誘導するためであり、矢掛の町全体を道の駅として地域の活性化を目指しています。

デザインは、岡山市出身の工業デザイナー水戸岡鋭治さんが担当し、黒を基調としたモダンでスタイリッシュな建物になっています。所々に水戸岡さんがデザインした模様があしらわれており、過去に手掛けた作品を紹介するコーナーもあります。

矢掛 道の駅 内装4矢掛 道の駅 内装1











1階にはインフォメーションカウンターや資料コーナーがあり、町内の観光スポットを探すことができます。また、特産品を紹介するコーナーもあり、矢掛の町で販売されている特産品がずらっと展示されています。

矢掛 道の駅 内装2矢掛 道の駅 カウンター











2階にはボールプールなどが用意されたキッズスペースや自然豊かな景色を眺めることができるウッドデッキがあり、老若男女が楽しめるような設計になっています。

矢掛 道の駅 テラス矢掛 道の駅 キッズスペース










 矢掛商店街には歴史ある建物からお洒落なカフェまで、様々な魅力ある店舗が並んでいます。お近くへ来られた際は、ぜひお立ち寄りください。

矢掛道の駅 地図
---------------------------

山陽道やかげ宿
開館時間 : 午前10時~午後6時
駐車場代 : 無料

---------------------------




那須与一と井原市の所縁

カテゴリー:地域のグルメと情報

2021-02-10

 
 那須 与一(なす の よいち) をご存知でしょうか。
平安時代の軍記物である平家物語や源平盛衰記に登場し、源義経に従軍した1185年屋島の合戦において、平家側が「この扇を射落としてみよ」と波に揺れる船の上に立てた扇の的を、約70m離れた場所から弓矢で一発で射抜いたという伝説を残す弓の名手です。
この軍功の褒美として統治を任された場所の一つが備中荏原郷(現在の井原市)で、那須与一ゆかりの土地になっています。


今回は、那須与一とゆかりのある井原市のスポットを紹介します。




 まずは、「与一公墳」です。
yoichi05yoichi01












井原市西江原町に、荏原那須氏がその祖 与一公をしのんで建てた供養墓 与一公墳があります。この墓は、扇の的一射必中の故事にあやかって願い事がかなうと伝えられ、絵馬から、高校・大学受験の合格を祈願する受験生が多くお参りをしている様子が伺われます。




yoichi02 次にご紹介するのは、同じく井原市西江原町にある、那須氏一族の菩提寺 「永祥寺」です。













境内には、袖神(そでがみ)稲荷大明神があります。
この袖神稲荷には、与一が屋島の合戦で弓を引く際に破り捨てた片袖(右袖)が祀ってあります。
yoichi04yoichi06
















袖神稲荷の縁起には、祖となる与一が稲荷を守護神として戦場でも肌見離さず持っていたことや、与一が破り捨てた袖を拾った同族の主が、稲荷大明神に大願の成就を祈念したことで、あのような功績を残せた とのことから与一の孫が稲荷を祀り、御神体と共にその袖を安置したそうです。
 





 さらに、井原鉄道の井原駅は、弓矢をモチーフとしている駅舎となっています。
井原駅に設置された絵馬掛けには、与一の「一発で的を射た」にあやかろうと、入学・就職の絵馬祈願をする人が訪れ、納められた絵馬は、定期的に袖神稲荷大明神、別名一発稲荷に奉納されています。
yoichi08




















那須与一が好きな方は是非井原市に立ち寄って、これらの場所に足を運んでみて下さい。

yoichi07













■ 与一公墳
岡山県井原市野上町(番地不明)

■ 禅洞山 永祥寺
岡山県井原市西江原町5512



岡山県指定景勝地 「道祖渓」

カテゴリー:地域のグルメと情報

2020-12-09

滝 道祖渓は、小田川の支流雄神川が黒い輝緑岩の台地である雄神台と雄宝台の間を深く削ってできた渓谷です。道祖渓という名前は、永祥寺の開山「実峰良秀」の徳を募って集まった童子のなかに、道祖神の化身である稚児がいたという伝説から、昭和初期に道祖渓と命名されました。

末広の滝、稚児の滝、竜門の滝、座禅岩、不動岩などの奇岩怪岩の間を流れる清流に、アカガシ、ハナイカダなどの樹木が映えて、渓谷美をかもしだしています。その渓谷美は景勝地として世間に広められ、昭和30年7月19日に岡山県指定景勝地に指定されています。



 道祖渓にたくさんある奇岩怪岩の中でも見栄えのある岩をご紹介します。
まずは、「座禅岩」です。座禅岩はその名の通り、座禅をするために作られたのかのような上部が真っ平らな岩です。すぐ横には「見底の淵の滝」があり、ここで座禅をすると滝の音が聞こえるので、より集中することができそうです。
座禅岩 看板座禅岩














次に紹介するのは、「くぐり岩」です。岩がうまく積み重なっており、下にできた空間をくぐることができる岩です。絶妙なバランスで積み重なっていて、くぐる際は崩れてこないか若干不安になりますが、意外としっかり固定されていて、そうそう崩れることはなさそうです。ちなみにくぐれるスペースはあまり大きくなく、しゃがんで歩けば通ることができる程度です。
くぐり岩 看板くぐり岩

















他にも様々な見どころがありますが、気になる方は是非現地にて御覧ください。
なお、道中は危険な場所がたくさんあります。「落石注意」の注意書きのとおり、所々に落石があり、足元は落ち葉で滑りやすく不安定になっています。訪れる際は転んでケガをしないようにお気をつけください。
落石注意2落石注意


















マップ(道祖渓)







■ 道祖渓
岡山県井原市西江原町5547
(上流側には駐車場がないため、訪れる際は下流側からをおすすめします。)