プロフィール

冨士ベークライト(株)

冨士ベークライト(株)

最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

わたしたちの風土記

カテゴリー:未分類

2018-02-15

冨士ベークライトの話題と、私たちを生み育んでいただいた地域風土の情報をお届けします。

美味しい日記#14 「本陣屋」

カテゴリー:地域のグルメと情報

2018-01-19

今回は、矢掛町 国道486号線沿いに昨年9月OPENした「本陣屋」を紹介します。

s-honjinya-2s-honjinya-1














s-honjinya-0店内は和風の落ち着いた雰囲気で、特に畳の個室窓から見える中庭にとても癒されます。
和食御膳、お寿司セット、天ぷら、うどん、重もの、豚かつ、ステーキなど、とにかく豊富なメニュー!!
見た目も綺麗で美味しくいただきました。




s-honjinya-3
s-honjinya-4

■ 本陣御膳
  1,980円 
メニュー表のトップにありました。
牛タン、お寿司、お刺身、天ぷら、味噌汁、茶碗蒸しと小鉢がたくさんあり色合いも鮮やかで、お米は矢掛米を使っているそうです。食後には、珈琲と抹茶わらび餅、アイスのデザートがつくなどボリュームのある豪華メニューでした。




■ 大名セット  1,280円  
お寿司、天ぷら、煮物、さらにざるうどんまであるお店一番人気メニュー。
プリプリの海老とサクッと歯ごたえのある野菜の天ぷら盛り合わせでとても食べ応えがありました。




s-honjinya-5他のメニューにも興味津々、部屋は大小様々あります。
皆さんもぜひ一度、足を運んでみてください。


■■■ 本陣屋 ■■■
岡山県小田郡矢掛町東川面547-1
TEL:0866-82-1300

第13回『秋のふれ愛フェスティバル』開催

カテゴリー:社内のイベント

2017-11-10

10月29日に恒例の『秋のふれ愛フェスティバル』を開催しました。
台風の影響で、前日から降り続く雨の中でのスタートとなり、プログラムを一部省く短縮バージョンとなりました。
今回のテーマは、「『団結』~さらなる未来に向かって挑戦~」。このテーマのもと、趣向を凝らした出し物や、各部署が出店したテナントで会場を盛り上げました。

fes2017-1&4

芳井中学校吹奏楽部の演奏から始まり、社員有志参加イベントでは、練習の成果を発揮し、会場はたいそう賑いました。

fes2017-2&3























3度目の出演となるセニョール玉置さんのタレントショーでは、各テナントに出向いて来場者とふれあうパフォーマンス、ビンゴゲームや抽選会では、ステージ前まで人だかりができ、当選番号を読み上げるたびに歓声が湧き上がりました。

fes2017-5-8
























ご来場頂きました取引先各位・OB・地域の方、そしてご出演下さいましたゲストの方々のご協力の結果、雨の中にもかかわらず楽しいひと時となりました。
ありがとうございました。

7月1日(土)共済会日帰り旅行(3コース総勢 約400名参加)

カテゴリー:社内のイベント

2017-07-20

冨士ベークライトグループ共済会の日帰り旅行を、3コースで実施しました。


■■■ コース1 『 プロ野球観戦ともみじ饅頭の工場見学 』

今年も好調の広島東洋カープ本拠地、MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島で野球観戦。
先に「やまだ屋」おおのファクトリーでもみじ饅頭製造工程を見学し、その後原爆ドーム横の広島の宿「相生」に移動して昼食後、いざ球場へ!!
快晴の球場は真っ赤に染まって試合がスタート。2回裏エルドレッドの先制ホームランが飛び出し一気にヒートアップ。その後もエルドレッドの3打席連続ホームランが出るなど終わってみれば8対1の大差。
勝利を満喫した一日となりました。


hiroshima2017

























ラインまる



■■■ コース2 『 グランドオープンの姫路城とそうめんの里 』

平成27年に総工事期間5年半を費やした「平成の大修理」を終えた世界文化遺産・国宝、シラサギが羽を広げたような優雅な姿から別名「白鷺城」とも呼ばれる「姫路城」を見学。全面的に塗り替えられた白壁は、さらに美しさを増し見るものを圧倒する迫力がありました。
次に揖保乃糸資料館 そうめんの里で豪華なランチを堪能。
その後、平成27年全面稼働した「岡山和気ヤクルト工場」ではヤクルトをまず初めに試飲し一息ついた後、最新の設備でヤクルト製品ができるまでの製造工程を見学。
笑顔あるれる一日となりました。


himeji2017

























ラインまる




■■■ コース3 『 六甲山牧場とインスタントラーメン発明記念館 』

六甲山牧場は、瀬戸内海国立公園六甲山地区に位置したスイス山岳牧場をイメージして作られた観光施設で「人と動物と自然とのふれあいの場」をテーマに神戸市街地の背山六甲山上にひろがる高原に位置します。
当日は親子連れの参加者が動物とふれあう歓声があがり、昼食はジンギスカン食べ放題、お腹いっぱい大満足となりました。
その後、インスタントラーメンにまつわるさまざまな展示がある「インスタントラーメン発明記念館」を見学。
懐かしかったりめずらしかったりと楽しい時間となりました。



kobe2017

























ラインまる


各コースの参加者は、社員・家族と楽しいひと時を過ごすことができました。

矢掛町出身の大相撲力士 - 岡ノ山 喜郎(おかのやま よしろう 1935~)

カテゴリー:地域のイベント

2016-10-14


CIMG6755_convert_20161014141533.jpg
岡ノ山喜郎関は、矢掛町出身で大相撲「時津風部屋」に所属した力士です。
本名は、山辺 喜一郎(やまべきいちろう)で1935年に鮮魚商の家庭に生まれ、岡山県立矢掛高校に在学中は、ハンドボールで活躍しました。

高校卒業後、元横綱「双葉山」が率いる時津風部屋に入門し、1955年5月場所で初土俵。同場所では番付外と新序で、ともに好成績を残したことから、翌9月場所では序の口を飛び越して序二段に付け出されました。

初土俵から6年の1961年5月場所では幕下で全勝優勝し、翌7月場所で新十両に昇進したのち、1962年3月場所で新入幕を果たしました。

180cnを超える長身を活かした前にでる相撲が得意で、学生相撲から入門した内田(後の大関・豊山勝男)の稽古相手としてよく指名されたそうです。 しかし、前頭5枚目に進んだ翌5月場所の出羽錦との一戦で負傷して途中休場を余儀なくされ、これが一因で十両に転落しました。

その後は、1962年11月場所にて14勝1敗と大勝し、十両優勝を遂げるなど活躍しました。
同門の横綱・柏戸の土俵入りで、露払いを務めていた時期もありますが、現役晩年には幕下に陥落し、東幕下26枚目に在位した1965年1月場所を以って、29歳で角界を引退しました。

cb87b0cc437457594c309cd0008517f8_convert_20161014140157.jpg


■生涯戦歴      269勝229敗22休/496出(54場所)
  ・幕内戦歴     23勝43敗9休/65出(5場所)
    前頭戦歴    23勝43敗9休/65出(5場所)
  ・十両戦暦     88勝75敗2休/162出(12場所) 1優勝
  ・幕下戦歴     91勝63敗11休/154出(22場所) 1優勝
  ・三段目戦歴    50勝38敗/88出(11場所)
  ・序二段戦歴    14勝10敗/24出(3場所)
  ・新序戦歴     3勝0敗/3出(1場所)